【2020年最新】東京の芸能系専門学校・スクールをランキングで紹介!俳優や女優、声優やモデル・タレントを目指したい方まで必見!

魅力的な役者になろう!演技力を向上させるためにできることは?

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/08/30


ドラマや映画を見ていて「この役者の方は演技がうまいなあ」「将来は役者になりたい」と思ったことはありませんか?でも役者になるためにはどうすればいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。ここでは役者になる方法、役者として演技するための基礎とは、演技力を高めるためにはどうすればいいのかを紹介します。

役者になるための方法

役者になるためにはいくつかの方法があります。ここでは役者になるために代表的な方法を紹介します。

芸能事務所・劇団に入る

今現在活躍されている役者のほとんどが芸能事務所に所属し活躍されています。芸能事務所に所属することのメリットとして芸能事務所にドラマや映画などのオーディションのオファーがくることがあります。オーディションに合格することでドラマや映画に出演し、そのドラマや映画が話題となれば、今後ドラマや映画などの主演オファーや重要人物として出演できるチャンスが広がります。

最近では子役時代からドラマや映画などで活躍されている役者も多く、子役専門の芸能事務所も多いため、子どもを役者として育てたいという親御さんも安心して所属させることができます。

専門学校・演技を学べる大学に通う

普通の専門学校や大学などとは違い、演技や発声練習など役者としての基礎を学ぶことができます。プロ講師からの指導のもと、実技や座学から学び、一流の役者になるための教育カリキュラムが多く組まれています。学校によっては同じコースの生徒たちで一本の作品を制作できたるなど、役者として必要なスキルや考え方などの知識を蓄えることができます。

オーディションに参加する

芸能事務所や劇団に所属していないとオーディションが回ってこないことが多くありますが、なかには芸能事務所所属、無所属問わずの一般公募オーディションがまれに開催されています。もちろん芸能事務所や劇団に所属している人でもオーディションを受けることができるためオーディションの倍率は高くなりますが、オーディションに合格できれば一気に役者デビューできますし、芸能事務所や劇団からスカウトされることがあるかもしれません。

演技の基礎とは?

役者として最も求められるものは演技力です。では演技する上での基礎とは一体どういったものかご存知でしょうか。ここでは演技の基礎といわれるものについて紹介していきます。

発声・滑舌

ドラマや映画や舞台など役を演じる際、セリフが聞こえない、滑舌が悪くて何をいっているのかがわからないとなってしまってはせっかくのチャンスが台無しです。とくに舞台では広いホールで直接演技するところをお客さんに見せます。お客さんに声が届かなければ、なにをしているのかがわからない状態が起き、自分のせいで共演者の方々の上手な演技もつぶしてしまう可能性があります。常に発声・滑舌が向上する練習をすることが大事です。

顔の表情

演技をする際、その場面にあった顔の表情を作らなければいけません。基本的に喜怒哀楽を顔で表現することが大事になりますが、しっかりと顔の表情を作り上げなければ、演じる役がせっかくいい声が出せていても、どういう感情なのかあまり伝わらないということがあります。とくにドラマや映画では顔のアップが頻繁に映るためその都度で表情を変えなければなりません。

体の表現

演じる役や作品によってはアクションシーンや殺陣など難しい役柄を演じることがあります。しっかりとその場面にあった体の表現ができなければ作品の中で自分だけ浮いてしまうことがあるためにしっかりと表情を含め体全体で表現していくことが大切になります。

演技力を高めるためには?

役者にとって演技力は生命線でもあります。役者になるまで、役者になってからも演技力を高めていかなければドラマや映画や舞台などのオファーがなく、オーディションでも合格することが難しいでしょう。ここでは演技力を高めるためにどのような練習、心構えをしていけばいいのかを紹介していきます。

発声の練習

一流の役者も毎日欠かさず練習しているといわれる発声練習。相手に声を届けるためには腹式呼吸が大事といわれています。腹式呼吸ができないと声の幅を出すことが難しく、喉に負担がかかってしまうため喉を痛めてしまうことがあります。しかし腹式呼吸をマスターすることで、喉の負担が軽減されて声の幅、声の強弱を操れることにより、表現力の向上にもつながります。日常会話から意識していくことで自然と腹式呼吸を練習でき、演技力を高めていくことができます。

表情の練習

役者を始めたてのときは人前で演じることに抵抗があり、表情が硬く、役に入りきれていないといわれることもあります。また緊張してしまって表情が硬い、どういう表情かわからないといったときがあります。表情の練習としては鏡の前に立ち表情筋を鍛えるといった練習がいいでしょう。顔の全パーツを顔の中心に寄せるようにしたり、顔の全パーツを外側へ動かしたりしましょう。変顔や全力で笑顔を作ることで表情筋が鍛えられ、喜怒哀楽の表現がしやすくなり演技の幅も広がることでしょう。

役を理解し想像しながら演じる

ただ台本のセリフを覚えてそのセリフ通り言葉を発するだけでは、気持ちが入らず棒読み感が抜けません。作品の背景、演じる役の生い立ちや性格、その場面にあった表情を想像し、演じることで気持ちや体の表現がおのずと出てきます。練習方法としては読解力を養うために本を読むことをおすすめします。

本に書かれている同じような言葉でも、シチュエーションや場所や時間などによって発生する声や表現が違います。「自分ならこのときこういう表情でこういういい方をする」など想像しながら本を読むことで自然と読解力を鍛えることができるようになるでしょう。そうして鍛えた読解力で台本に書かれている役の背景が瞬時にわかるようになり、演技力の向上につながります。

 

魅力的な役者になるための方法、基礎、演技力の向上について紹介してきました。始めたばかりで全然うまくいかない方やオーディションを受けても不合格になってしまう方もこの方法を実践してみてはいかがでしょうか。誰でも始めは初心者で演技力もない状態からでスタートしていて、場数や経験することによって演技力は向上していくので、失敗してしまっても決して諦めずに努力していくことが大事です。

【東京】芸能系専門学校・スクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベエンターテイメントカレッジ日本工学院ヒューマンアカデミー代々木アニメーション学院ESPエンターテイメント
特徴運営元のワタナベエンターテイメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多いメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多い 各種オーディション情報の提供、マネジメント業務等幅広くサポートを行うWマネージャー制度による勉強・デビューのサポートを万全にしている4人の有名プロデューサーによる、カリキュラム作成・指導が魅力技術と人間力の2つを高める指導でデビューまで、徹底サポート。プロダクションとの連携も強み。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧