【2020年最新】東京の芸能系専門学校・スクールをランキングで紹介!俳優や女優、声優やモデル・タレントを目指したい方まで必見!

テレビやラジオだけじゃない?意外と知らないナレーターの仕事とは?

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/05/11


ナレーターとは『語り手』のこと
で、ドキュメンタリーやテレビ番組の司会やCMなどで主に活躍しています。テレビやメディア以外でも活躍しているナレーターの需要は高まっており、憧れている人も多いのではないでしょうか。しかし、具体的な仕事内容を知らない人もいるようです。本記事では、ナレーターの仕事内容について紹介しましょう。

ナレーターの仕事内容

ナレーターの仕事というと、テレビやラジオのナレーションを思い浮かべる人が多いでしょう。
ここではナレーターの仕事について紹介します。

テレビ番組やラジオのナレーション

ナレーターはテレビやラジオで主に活躍しています。生放送などでもナレーションを行うこともあるので、入念な打ち合わせが必要です。雰囲気に合うように声のトーンや間の取り方を考えなければいけません。

CMのナレーション

民間放送ではCMのナレーションを行うこともあります。

イベントのナレーション

ナレーターはライブやコンサート、民間企業の発表会、映画の先行上映会など、イベントでの仕事も行います。司会や進行はアナウンサーやタレントが行うことが多いですが、紹介などの読み上げはナレーターが行うようです。

館内放送

博物館などのナレーションなども行い、商店街の呼び込みなどにも仕事はあります。

音声の仕事

・カーナビ
・バスアナウンス
・銀行のATM
・医療機器

これらの仕事もナレーターの仕事です。

ナレーターに向いている人の特徴

ここでは、ナレーターに向いている人の特徴を紹介します。

文章の朗読が好き

ナレーターは文章を読むことが仕事で、台本を自分なりの表現で伝えなければいけません。文章の朗読が好きでなければ続けることは難しいでしょう。

想像力が豊か

想像力が豊かな人もナレーターに向いています。もっと聞きたいと思わせるには、想像力が豊かでないと難しいでしょう。

自己表現が得意

ナレーターの仕事は、オーディションや面接で獲得することもあります。自己表現が得意な人は次の仕事へつなげることができるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

ナレーターの仕事は1人で行えるものではありません。場面を問わず多くのスタッフが関わります。コミュニケーション能力が高い人は、仕事を円滑に進められるでしょう。次の仕事へのチャンスを掴むこともできます。

ナレーターになるために必要なスキルとは

ナレーターを目指すなら、必要とされるスキルも磨きましょう。

演技力や表現力

ナレーターは演技をする必要はありませんが、台本だけを読んでいればいいという訳ではありません。視聴者に内容を伝えるためには表現力も必要でしょう。

活舌や発音がよい

ナレーターになるうえで、活舌や発音がよいのは必須です。ナレーションは正しく聞き取りやすい言葉で伝えなければいけません。ナレーターになるためには聞き取りやすく語るために活舌、発音のよさは身につけましょう。

柔軟性

ナレーターにも台本はありますが、予定通りに進行するとは限りません。臨機黄変に対応できる柔軟さも求められるでしょう。ナレーターを必要としている人が何を求めているか把握し、ニーズに応じられる柔軟さも重要です。

個性

ナレーターは表立って前に出て仕事をしませんが、個性は必要なスキルでしょう。声だけで表現し、聞く側を惹きつけなければいけません。個性があれば表現力に幅が出ます。基礎的なものを身に付けた後は、自分の個性をどう活かすかも考えてみるとよいかもしれません。

ナレーターになるためには?

「ナレーターになりたいけどどうしたらいいのか?」興味があっても何をしたらいいのか悩む人もいるでしょう。
ナレーターになるためには、複数の方法があります。

専門学校や養成所

ナレーターになるための専門学校や養成所があります。資格などは不要なので、オーディションに受かれば素人でもナレーターの仕事はできるでしょう。しかし、声だけで表現するための基礎を学びたいなら、専門学校や養成所がおすすめです。スクールなら技術面の指導も受けられるでしょう。

イベント会社や声優事務所に所属する

ナレーターの仕事は事務所へ依頼されることが多いようです。依頼が来たら個人へ仕事を回すパターンが多いので、事務所に所属することでナレーターとして活躍できる場は広がります。フリーランスで活躍している人も多くなりましたが、最初は事務所に所属し実績を積んでからというケースがほとんどです。仕事がもらえる環境にいればスキルを磨くきっかけにもなります。

オーディションへの応募

自分でやりたいナレーションのオーディションへ応募する方法もあります。実績がない状態では仕事の依頼も来ないため、オーディションを受けることから始めるという場合も多いようです。積極的にオーディションに応募することで、ナレーターへの道がひらけるでしょう。

 

意外と知らないナレーターの仕事について紹介しました。ナレーターの仕事はテレビやラジオだけではなく、カーナビやATMの仕事もあります。資格などは必要ありませんが、声だけで表現するスキルを磨くためにも、基礎から学べる養成所や専門学校がおすすめです。プロの指導を受けることで道がひらけるかもしれません。

【東京】芸能系専門学校・スクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベエンターテイメントカレッジ日本工学院ヒューマンアカデミー代々木アニメーション学院ESPエンターテイメント
特徴運営元のワタナベエンターテイメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多いメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多い 各種オーディション情報の提供、マネジメント業務等幅広くサポートを行うWマネージャー制度による勉強・デビューのサポートを万全にしている4人の有名プロデューサーによる、カリキュラム作成・指導が魅力技術と人間力の2つを高める指導でデビューまで、徹底サポート。プロダクションとの連携も強み。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧