【2020年最新】東京の芸能系専門学校・スクールをランキングで紹介!俳優や女優、声優やモデル・タレントを目指したい方まで必見!

ナレーターのなり方は?CMや人気番組で起用されるナレーターになるには

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/14

声には自信があるのだけれど、ナレーターになるにはどうしたらいいの?ナレーターってどんな仕事があるの?といった疑問にお答えします。ナレーターになるには魅力的な声を身につけるだけでなく、人とのつながりがもてる専門学校での学習がオススメです。

ナレーターの仕事内容とは

ナレーターとは、声を使って物事を表現する仕事です。TVでのナレーションをつとめるだけでなく、店内放送のアナウンスやイベント会場の司会などで声を活かすことができます。

ナレーターの仕事とは

ナレーターが必要とされる場所はたくさんあり、以下の場所でよく使われます。

・テレビやラジオ番組、コマーシャル
・企業プロモーションビデオ
・電車の車内放送
・機械の自動音声
・スーパーやモールでの館内放送
・結婚式やイベントの司会

自分の声を最大限に生かした仕事をしたい人にとって、魅力的な仕事です。

ナレーターの仕事の流れ

ナレーターの仕事は、放送作家や監督が作成した台本を受け取り、番組の内容や録音手順を会議で確認し、実際のリハーサルや制作を通じてナレーションを入れることです。監督やプロデューサーからは、「ニュース番組なのでシリアスな雰囲気で」「温かさを感じられる声で」「老人にも伝わるようにはっきりと」など、さまざまな注文が寄せられます。ナレーターは必要とされる雰囲気を即座に判断して、声の表現で反映させる能力が不可欠です。

制作現場の雰囲気に合わせて声のトーンや間の取り方を考えながら、ナレーションに取り組みます。イベント会場であれば元気な声が求められますし、結婚式であれば落ち着いたトーンで話すなど柔軟性が求められます。

ナレーターに必要な能力

当然ですが、ナレーターになるには魅力的な声でなければなりません。では、魅力的な声とはどんな声をいうのか、ひとつひとつ確認していきましょう。

滑舌、発声のよさ

ナレーターは聞き取りやすい言葉を正しく伝えることが求められます。聞き手が何を言っているのか分からなければナレーターは務まりません。誰にでも理解できて、聞こえやすい滑舌や発音の技術は身につけておきましょう。

柔軟性と表現力

ナレーターには柔軟性と表現力が欠かせません。与えられた台本を読んだだけでは、聞き手が内容を理解するのは難しいでしょう。元気に話すシーンもあれば、落ち着いて聞き手に話しかけるシーンもあります。ナレーターは状況に合わせて異なる声を表現する必要があるため、幅広い語り方を表現するスキルが重要です。また、聞き手が期待する声を理解して、聞き手に応じた柔軟性と表現力ができなければなりません。

個性

状況を説明することが多いナレーターであっても、人を惹きつける個性が必要になります。 特にコマーシャルやテレビ番組では、独特の表現が求められることがよくあります。もちろん現場や状況に応じた声の出し方が必要ですが、個性が増すほど表現の幅が広がります

基本的なスキルを身に付けたら、自分の個性を見つけて伸ばすことを検討する必要があります。

ナレーターになるには芸能専門学校で経験を積むのがおすすめ

ナレーターはフリーランスや事務所に所属している人は多いですが、一般企業に就職して正社員として働くことは少ないです。企業内でたまたま声の仕事をすることになったとしても、会社員兼任のナレーターだと思います。ナレーターになるための資格は必要ありませんが、4年制大学、短期大学、専門学校を卒業してナレーターになるのが一般的です。場合によっては、サラリーマンになったあとで独学や通信教育で勉強して、ナレーターを目指すこともありますが、独学であれば壁はかなり高くなります。

フリーランスとしての就職が多いナレーターでは、表現できる声の幅が広く、自分だけのオリジナルな表現ができる方ほど収入が高くなります。必ずではありませんが、学校に通うことでナレーターとしての自分の魅力に気づき、個性を高めることがオススメです。

既にナレーターとして活躍しているインストラクターとのつながりや、企業とつながりを築くことができるのも専門学校の魅力です。 ナレーター募集と広告を打っている企業は見かけたことないかと思います。スキルを身につけている人の面談に付き合うほど、企業も時間はかけたくないのです。そのため、はじめからトレーニングを受けて専門的なスキルを身につけている学校や芸能事務所にナレーターのオファーを出すことが一般的です。

一般の求人でも募集はしていないので、学校に属して校内求人を確認したり、学校でつながった人脈を生かして人づてに仕事を請け負ったりするのがナレーターを仕事にする方法です。

 

今回はナレーターの仕事内容となり方について解説しました。フリーランスが多いナレーターでは、人とのつながりもないまま活躍することはほぼ不可能です。専門的なスキルを身につけているのだとアピールできる学校に所属することがもっとも近道でしょう。

【東京】芸能系専門学校・スクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベエンターテイメントカレッジ日本工学院ヒューマンアカデミー代々木アニメーション学院ESPエンターテイメント
特徴運営元のワタナベエンターテイメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多いメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多い 各種オーディション情報の提供、マネジメント業務等幅広くサポートを行うWマネージャー制度による勉強・デビューのサポートを万全にしている4人の有名プロデューサーによる、カリキュラム作成・指導が魅力技術と人間力の2つを高める指導でデビューまで、徹底サポート。プロダクションとの連携も強み。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧