【2020年最新】東京の芸能系専門学校・スクールをランキングで紹介!俳優や女優、声優やモデル・タレントを目指したい方まで必見!

子どもが芸能界に入りたいといったら親はどうするべき?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/17

「アイドルになりたい」「テレビに出たい」など芸能界に憧れる子どもは多いものです。しかし、子どもから本気で「芸能界に入りたい」といわれたら、親はどのように対処すればよいのでしょうか?芸能界の厳しさを考えると、親なら誰でも不安な気持ちになるものです。今回は、子どもが芸能界に入りたいといったときの対処方法について解説します。

芸能界を目指したいといわれたら

子どもから「芸能界を目指したい」といわれたら、どんな対応をすればよいのでしょうか?華やかに見える一方で競争が激しい芸能界を思えば、親なら誰しも子どもの将来を不安に思うものです。そこで親としての対処方法を解説します。最初に考えるべきことは、子どもの年齢によって対応を変える必要があることです。

「芸能人になりたい」「アイドルになってみたい」といったのが、小学生以下の子どもであれば肯定的に受け止めてもよいでしょう。歌やダンスがしたいならレッスンに通うなど、ある程度は子どもの望みを叶えても大丈夫です。子ども自身も年齢が上がれば、現実的に自分の実力を把握するようになります。それでもやりたいと本気になるなら、改めて考えてみればよいのです。たとえ芸能人になれなかったとしてもスキルが身に付いたり、精神的に強くなったりと子どもの成長にはつながるでしょう。

子どもの年齢が中学生以上であれば、現実的な話をしなければなりません。「芸能界で何がしたいのか」「なぜそれをやりたいのか」「どうやって芸能界に入るのか」など、詳しく聞く必要があります。ただし、感情的になって頭ごなしに反対するのはいけません。根拠もなく子どもに「やめなさい」「あなたにできるわけがない」と反対しても反発を招いてしまいます。子どもの気持ちを理解することを優先しましょう。

また、芸能の仕事について調べるのも重要です。親が「芸能界は何となく不安だから反対する」といった曖昧な態度だと、子どもは納得できません。しっかりと調べてから意思表示する必要があります。さらに子どもの芸能界入りを応援するなら、どんなサポートができるのかも考えておきましょう。

反対する親の心理とは

どんなときでも「子どもには辛い思いをさせたくない」と親は考えています。しかし、その反面「夢を叶えてほしい」「好きなことをやらせてあげたい」という気持ちもあるはずです。そこで、反対する親の心理と折り合いをつける方法について解説します。

親が反対する理由は子どもを守りたいからです。芸能界は浮き沈みが激しい社会ですので、親も不安を感じるのは当然といえます。「子どもには傷ついてほしくない」という思いが強ければ「芸能界は反対」というスタンスに自然となるのです。しかし、強引に諦めさせるのはやめた方がよいでしょう。子どもの心が折れて立ち直れなくなったり「やっぱりあの時やっておけば…」「親の責で人生がおかしくなった」など子どもが後悔する可能性もあります。

「芸能界に行くのは反対だ」「心配している」と親の気持ちを伝えることは大切です。しかし、決断するのは子ども自身であることを忘れないようにしましょう。なぜなら、人は誰しも心から納得しなければ決断できないからです。子どもが真剣に挑戦したいと思っているなら、芸能事務所に応募したりオーディションを受けさせてみるのも一つの方法です。結果がどうであれ、子ども自身の実力が客観的にわかるはずです。

さらに、挑戦するなら早い方がよいという考え方もあります。たとえば、15歳から5年間かけて芸能界に挑戦した場合、もしダメでも20歳であれば大学に行ったり、就職したりとキャリアを柔軟に変更できるでしょう。しかし、20歳から5年挑戦してダメだった場合、25歳から別のキャリアへ移ろうとすればどうしても選択肢が少なくなるのが現実です。

ただし芸能人の中には社会人を経験してから芸能界に入る人もいるため、すべての人に当てはまるわけではありません。しかし、子どもの将来を考えると選択肢が多い方がよいでしょう。子どもの夢に賛成できなくても「芸能界への挑戦を認めるけれど、学業を優先させること」「〇歳までに何らかの結果を出すこと」など条件をつけて見守る方法もあります。

また、経済的な支援をどこまでできるかも子どもに伝えておくべきです。仮に芸能事務所に所属できても、歌や演技などのレッスンを受ける必要があります。契約によっては、レッスンを受けるごとに料金がかかるケースもあるのです。無料の場合もありますが、多くは厳しいオーディションを勝ち抜かなくてはいけません。決まった範囲でどうやって行動するのかを、子ども自身に考えさせることも大切です。

 

子どもに「芸能界に入りたい」といわれて、親が反対感情を持つのは自然なことです。しかし、感情的にならずに子どもの気持ちを聞くようにしましょう。子どもの思いが真剣なら妥協点を探すことも大切です。子どもが成長するためにはさまざまな経験が必要になります。挑戦すれば成功でも失敗でも人生の糧となるでしょう。

もちろん子どもが成長するためには、親の支援も欠かせません。経済的なサポートも大事ですが、対話によってサポートすることも重要です。子どもの将来については親子でよく話し合いましょう。

【東京】芸能系専門学校・スクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベエンターテイメントカレッジ日本工学院ヒューマンアカデミー代々木アニメーション学院ESPエンターテイメント
特徴運営元のワタナベエンターテイメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多いメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多い 各種オーディション情報の提供、マネジメント業務等幅広くサポートを行うWマネージャー制度による勉強・デビューのサポートを万全にしている4人の有名プロデューサーによる、カリキュラム作成・指導が魅力技術と人間力の2つを高める指導でデビューまで、徹底サポート。プロダクションとの連携も強み。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧