【2020年最新】東京の芸能系専門学校・スクールをランキングで紹介!俳優や女優、声優やモデル・タレントを目指したい方まで必見!

俳優になるには?イケメンじゃなくてもOK!求められる素質や方法

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/01/27

「演技が好きだから俳優になりたい」「人前に立つことが好き」などの理由で、俳優を職業にしたいという人へ向け、今回は俳優のなり方やどのような仕事をしているのか、適性のある人の特徴などを解説します。この記事を参考にして、夢を実現するための第一歩としてくださいね。

俳優になるための方法

「俳優になりたい」という夢をかなえるには、芸能事務所などのオーディションを受けて合格しなければいけません。所属したいと考えている芸能事務所が新人募集をしていないか、こまめにチェックしておきましょう。大手の芸能事務所は志望者が多く倍率が高くなりがちですが、所属している俳優と共演できるチャンスも狙えるといった利点があります。芸能事務所は数多くあるため、特徴や自分のやりたい仕事ができそうかといったリサーチをするとよいでしょう。

オーディションを受けるほかにも、養成所や演劇の専門学校に通って俳優になるといった方法があります。養成所や専門学校に通っていると、俳優として生きていくうえで必要な演技力などを磨け、さらにポテンシャル次第では養成所を運営している事務所に所属することも可能です。定期的にスカウトオーディションを開催している養成所や専門学校も、都市部では多く見られます。オーディションを受けられる機会が増えることと直結するため、チャンスが広がるといえるでしょう。

ただし、舞台俳優として活躍したいと考えている人には、劇団のオーディションを受けることをおすすめします。自分がどのような俳優になりたいのかといった方向性を定めておくと、俳優になるための方法が見えてくるでしょう。

俳優の仕事とは?

俳優はテレビ・映画・舞台などの場で、割り振られた役柄に沿った演技をする職業です。自分らしさを出すことにこだわらず、演出家や監督などの指示に従ったり、役柄にはまるように演技をしたりしなければいけません。出演する作品によっては長いセリフを覚えたり、レッスンやリハーサルを重ねたりすることもあります。

俳優として活躍するためには個性が大切だと思われがちですが、個性を出しすぎて作品のイメージや世界観を壊してしまってはいけません。演技について演出家や監督などと話し合い、自分が演じる役柄のイメージを固めていくケースもあります。そのため、作品に応じて求められている演技をすることが俳優の仕事だといえるでしょう。

しかし、ただ指示どおりの演技をするだけではなく、自分の中での作品や役柄に対する解釈を話して討論する機会もあります。ただセリフをなぞるだけが演技ではありません。作品や役柄に対する深い理解をすることも、俳優としての大切な仕事です。撮影期間や上演時間内で観客や視聴者の心を揺り動かす演技を行わなければならないという特徴が、俳優の仕事のなかでも難しいポイントです。演技が高評価を受け、人気が出れば次の仕事にもつながってくるでしょう。また、演じられる役柄の幅を広げるために、共演者の演技を参考にしたり、人間観察をしたりすることも俳優として活躍するためには大切な努力なのです。

俳優に向いているのはこんな人

「俳優になるためにはイケメンでないといけない」ということはありません。個性的な容姿を武器として、さまざまな役柄に挑戦している俳優が多くいることも事実です。むしろ自身の容姿や求められていることを客観的に理解している俳優が重宝されるでしょう。立ち方や表情のひとつひとつに至るまで、自分自身に対する理解を深めていると、自分の容姿をうまく演技に活かせます。

また、作品はさまざまなスタッフが制作に携わって初めて完成するものです。そのため、演出家・監督・共演者だけではなく、スタイリストなどといった制作関係者と良好な関係を保てるコミュニケーション能力が求められます。制作関係者に好印象を与えておくと、次の仕事につながる可能性が高まるでしょう。さらに、コミュニケーション能力があると、自分なりの解釈を演出家や監督にうまく伝えることも可能です。意見の対立も防げるでしょう。

撮影期間が長期にわたると、なかには過酷な環境で演技をしなければいけない場合も多くあります。「演技をしたい」「俳優として活躍し続けたい」といった、演技に対する熱意は必要不可欠なのです。また、すぐにオーディションに受かって世間から高評価を受けるといったことはまれです。オーディションを受け続ける期間もあり、世間からの評価に悩まされることも数多くあるでしょう。そのような際にも、演技への情熱が挑戦し続ける活力となるのです。

 

俳優として活躍し続けるためには、容姿を含めて自分自身のことを客観的に理解することや演技に対する熱意が大切です。また、作品や役柄への解釈を深めておくことで、自分に求められているものを知ることができるでしょう。俳優になるためにはさまざまな方法がありますが、演技力など俳優としての地盤を固めてからオーディションに挑戦したいという人は、養成所や専門学校に通うことを視野に入れておきましょう。

【東京】芸能系専門学校・スクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベエンターテイメントカレッジ日本工学院ヒューマンアカデミー代々木アニメーション学院ESPエンターテイメント
特徴運営元のワタナベエンターテイメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多いメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多い 各種オーディション情報の提供、マネジメント業務等幅広くサポートを行うWマネージャー制度による勉強・デビューのサポートを万全にしている4人の有名プロデューサーによる、カリキュラム作成・指導が魅力技術と人間力の2つを高める指導でデビューまで、徹底サポート。プロダクションとの連携も強み。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧