【2020年最新】東京の芸能系専門学校・スクールをランキングで紹介!俳優や女優、声優やモデル・タレントを目指したい方まで必見!

スカウトで芸能界に入れる?スカウト以外でアイドルや俳優を目指す道は

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/14

「街を歩いていたらスカウトされて…」「スカウトで芸能界に入りました!」と、いってみたいと思う人もいるのではないでしょうか?しかし、スカウトされて芸能界に入るのは非常に難しいものです。そこで今回はスカウト以外で芸能界に入る方法について解説します。芸能を学べる学校や芸能人の素質もお教えしますので参考にしてください。

学べることは専門学校や大学で違いはある?

スカウトされて芸能界に入った芸能人もいます。しかし、スカウトは芸能界への入り方としては特殊なケースです。スカウトされるためには、よほどのルックスや才能がなければ難しいといえます。

芸能界に入る方法として一番多いのは、オーディションを受け合格するケースです。しかし、オーディションを勝ち抜くためには、一芸や歌唱力、演技力などの実力が必要になります。そこで専門学校や大学で、芸能を学び実力を身につけるのがベストです。

ただし、専門学校と大学では学ぶ内容が異なります。専門学校とは、特定の職業に必要とされる知識や技術を習得するための教育機関です。そのため、実技や資格取得するための試験対策に多くの時間が使われます。専門分野を実践的に学べるのが専門学校です。大学は学問や教養を幅広く身につける教育機関です。専門分野以外のことも学べます。学部にもよりますが、音楽を学ぶなら歌唱や楽器演奏だけではなく、理論や表現なども学べるのです。

芸能界で目指す職業が、歌手やダンサー、声優など実力が評価に直結する職種であれば、専門学校で実力を磨くのがよいでしょう。さまざまな能力を要求されるタレントや俳優、芸人などを目指すのであれば、幅広く学べる大学を選ぶのも1つの方法です。芸能について学べる場所はたくさんあります。実力を身につけたいと考えている人は、専門学校や大学で学ぶことも考えてみましょう

スカウト以外で芸能界を目指すには

スカウト以外で芸能界に入る方法は、「一般参加できるオーディションを受ける」「芸能事務所に所属する」「SNSや動画サイトで知名度を上げる」の3つですので順番に解説します。

まず1つ目の方法は、一般参加できるオーディションを受けることです。オーディションには芸能関係者しか受けられないものと、広く公募されるオーディションがあります。後者のオーディションなら、参加条件が合えば誰でも応募できるのです。芸能界に入るには一般参加できるオーディションを受けてみましょう。合格すれば芸能界に入れます。さらに、オーディションで好印象を残せれば、芸能関係者から声をかけられるかもしれません

2つ目の方法は芸能事務所に所属することです。多くの芸能事務所は定期的にオーディションを開催したり、養成所やスクールを運営したりと新人の発掘に力を入れています。芸能事務所に所属するためには、事務所が主催するオーディションでの合格が条件です。ただし、オーディションに合格してもすぐにデビューできるわけではありません。演技などのレッスンを受ける必要があります。

3つ目の方法は、SNSや動画サイトで知名度を上げることです。最近ではインターネット上で活躍した実績を評価され、芸能界に入る人が多くなっています。SNSや動画サイトのメリットはお金をかけずに自分を表現できることです。しかし、必ずファンが付くわけではありません。また、一度アップロードしたものはいつまでも残り続けるというデメリットもあります。

素質がある人はどんな人

芸能人になるためには素質を持っていることも重要です。そこで、芸能人に必要な素質について解説します。芸能人に必要な素質は7つです。

1つ目は、「ポジティブで前向き」なことです。芸能人として活躍している人の多くは下積みを経験しています。辛い時にもあきらめず行動するなどポジティブで前向きな気持ちを持てることが大切です。

2つ目は「負けず嫌い」なことです。大きなオーディションになると、数十万人以上の応募があり激しい競争が起こります。その中で合格を勝ち取るためには強い意志が必要です。また、結果が出なくても悔しさをバネにできる人でなければ、芸能界で勝ち残ることはできません。

3つ目は「メンタルが強い」ことになります。芸能人は、常に人から見られ評価される仕事です。時には妬まれたり、批判されたり、根も葉もないうわさが出る場合もあります。そこで他者やうわさに振り回されず、自分の意思を貫けることも芸能人として必要な素質です。

4つ目は「コミュニケーション能力がある」ことになります。芸能の仕事には共演者やスタッフと一緒に番組を作ったり、ファンの人達と交流したりとコミュニケーションが必要なシーンが多くあります。人と話すことが好きなら芸能人に向いているでしょう。

5つ目は「継続して努力ができる」ことです。競争が激しい芸能界では、常に努力が求められます。たとえば、役者なら役柄に合わせてスキルや語学、歴史を勉強したり、芸人なら新しいネタを考える必要があるはずです。継続的に努力できる人でなければ、芸能の仕事を続けるのは難しいでしょう。

6つ目は「自己管理ができる」ことです。芸能界で仕事をもらうためには、制作者やスポンサーなどの要求に応える必要があります。モデルなら美しいスタイルをキープすることが求められますし、歌手なら一定の期間で新しい作品を作ることを求められるのです。自己管理ができなければ仕事を手放すことになります。

7つ目は「純粋に仕事が好きな気持ち」です。ダンスが好き、演技が好きなど、純粋に好きな気持ちがあることも素質になります。なぜなら大好きなことでなければ、努力も挑戦もできないからです。

このような素質があれば、芸能人に向いているといえます。しかし、当てはまらないと見込みがないというわけではありません。芸能を学べる専門学校や大学に行けば、スキルだけでなくメンタルも成長するでしょう。

 

スカウトされて芸能界に入るのは、非常に難しいものです。しかし、オーディションを受けたり、インターネットを活用できれば芸能人になれる可能性はあります。確実にチャンスを広げたいなら、専門学校などで実力を身につけるのがおすすめです。ただし、進学先を選ぶときは、専門学校と大学では学べる内容が違うので注意してください。学校を選ぶときは実績だけでなく、それぞれの特色や環境なども比較して決めましょう。

【東京】芸能系専門学校・スクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベエンターテイメントカレッジ日本工学院ヒューマンアカデミー代々木アニメーション学院ESPエンターテイメント
特徴運営元のワタナベエンターテイメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多いメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多い 各種オーディション情報の提供、マネジメント業務等幅広くサポートを行うWマネージャー制度による勉強・デビューのサポートを万全にしている4人の有名プロデューサーによる、カリキュラム作成・指導が魅力技術と人間力の2つを高める指導でデビューまで、徹底サポート。プロダクションとの連携も強み。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧