【2020年最新】東京の芸能系専門学校・スクールをランキングで紹介!俳優や女優、声優やモデル・タレントを目指したい方まで必見!

タレントになるには芸能専門学校が近道?デビューまでの道のりを解説

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/17

「タレントになりたいけどどうすればいいの?」と、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。華やかに活躍するタレントに憧れる人は多いものです。しかし、タレントになる方法は人によって異なります。そのため、実際になる方法について説明されることが少ないのです。そこで今回は、タレントになる方法や芸能専門学校について説明します。

タレントになる方法

タレントとは「芸能人」「才能のある人」のことです。芸能人といっても役者や歌手、モデル、お笑い芸人、コメンテーターなどさまざまな職種が存在しています。しかし、タレントになる方法は大きくわけると5種類です。ここでは、タレントなる方法について解説します。

(1)スカウトされる
「街を歩いていたらスカウトされた」など、スカウトされてデビューするタレントも多いものです。しかし、実際にスカウトされることは滅多にありませんルックスや個性、才能などよほど他者より秀でた部分がなければ難しいでしょう。

(2)芸能事務者に所属する
芸能活動をする上で必要なのが、芸能事務所に所属することです。多くの芸能事務所では新人タレントの発掘にも力を入れており、自社でタレント養成所やスクールを運営しているケースもあります。芸能事務所に所属するためには、オーディションを受けて合格することが条件です。
芸能事務所に所属すると、マネジメントなどのバックアップを受けられたり、タレント養成所やスクールで学べます。ただし、一定期間である程度の成果を出せないと、契約を切られる場合もあるので注意が必要です。

(3)一般公募されているオーディションを受ける
タレントになる方法の1つが、映画やテレビ番組への出演、読者モデルなど一般人でも応募できるオーディションを受けることです。合格できれば第一線で活躍する芸能人の方々と共演できたり、有名になれる可能性があります。しかし応募する人が多く、その中で合格を勝ちとるのは非常に厳しいのが現実です。

(4)自分で知名度を上げる
近年はSNSや動画サイトなどインターネットを活用することで、知名度をあげてタレントになる人が増えています。費用をかけずに知名度をアップできるのが、インターネットの強みです。他にも、路上パフォーマンスがきっかけとなってデビューした芸能人もいます。しかし、音楽やダンス、絵描きなど、路上パフォーマンスで有名になるためには実力が不可欠です。また、路上での活動は道路交通法の規則で警察の許可が必要となります。

(5)芸能専門学校で学ぶ
芸能専門学校で学ぶこともタレントになる1つの方法です。実際に芸能専門学校出身の芸能人もたくさんいます。芸能専門学校とは、芸能界で活躍するために必要なスキルを学べる学校です。たとえば役者やモデル、音楽、ダンス、声優など専門的な知識を学べます。芸能事務所に所属することに比べると、芸能専門学校に行くことは遠回りしているように感じます。しかし、芸能事務所に所属してもすぐにデビューできるわけでありません。タレントとして活躍するためには、演技や歌などのレッスンを受ける必要があるのです。
芸能専門学校に行けば実力が身につきます。実力があればオーディションに合格する可能性がアップしたり、芸能関係者からスカウトされることもあるでしょう。さらに、多くの芸能専門学校では芸能事務所などと提携しており、オーディションの情報をもらえるなどのサポートが受けられます。

タレントに求められること

タレントに求められることは「個性」「コミュニケーション能力」「トーク術」「チャレンジ精神」の4つです。順番に説明していきます。

個性
タレントになるには、「スタイルがよい」「ファッションセンスが独特」「発想力がある」など他の人が真似できない個性を持つことが大切です。実際に芸能界には癒し系や毒舌、大食いなどさまざまな個性豊かな人がいます。だだし、必ずしも特殊な個性が必要なわけではありません。個性とは「自分がどんな人間か」というキャラクター性のことです。自分が欠点だと思っていることが個性になる場合もあります。個性を出すためには、容姿や話し方、服装、特技、資格など自分にしかないものを磨くようにしましょう。

コミュニケーション能力
たくさんの人に好かれるためにはコミュニケーション能力が必要です。タレントは共演者やスタッフなど、たくさんの人と一緒に仕事しなければなりません。また、ファンの人達と交流することもあります。

そのため、他者に不快な気持ちを与える行ためはNGです。多くの人に好感をもってもらうためには、あいさつをすること、礼儀やマナーを守ることが大切になります。

トーク術
多くの人を楽しませることがタレントの仕事です。そのためには、トーク術を磨く必要があります。人を引き付けるトークをするためには知識や情報もいりますが、発声や活舌、話すスピードなど話し方のテクニックも大事です。

他にもバラエティー番組などで、台本にはないトークが入る場面もあります。台本がないときは、タレント自身がその場で適切な判断をする必要があるのです。タレントには雰囲気を察知してリアクションしたり、状況判断するアドリブ能力が求められます。トーク術を身に着けるためには、普段の会話でも「どうしたら会話が進みやすくなるか」「自分がどう動けば、相手の求めていることに答えられるか」など考えてみるようにしましょう。

チャレンジ精神
タレントになるために一番必要なのがチャレンジ精神です。オーディションを受けたり、さまざまなジャンルの仕事に挑戦したりと、芸能活動をする上でチャレンジ精神は欠かせません。自分のやりたい事柄だけではなく、求められた事柄に全力で応えられる力があれば、憧れのタレントとして活躍できるでしょう。

 

タレントになるには芸能専門学校に行くのが近道です。オーディションを受けて芸能界に入る方法もありますが、実力がなければ合格できません。しかし、芸能専門学校に行けば実力が身につきます。他にも、トーク術やマナーなどタレントに必要なことを学べるのです。

また、芸能事務所やオーディションの情報が得られたり、芸能関係者との接点も持てます。可能性の低いスカウトを待つよりも、芸能専門学校に行くほうがタレントに近づけるでしょう。

【東京】芸能系専門学校・スクールランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ワタナベエンターテイメントカレッジ日本工学院ヒューマンアカデミー代々木アニメーション学院ESPエンターテイメント
特徴運営元のワタナベエンターテイメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多いメントが主催する、オーディションを開催しているため、デビューできるチャンスも多い 各種オーディション情報の提供、マネジメント業務等幅広くサポートを行うWマネージャー制度による勉強・デビューのサポートを万全にしている4人の有名プロデューサーによる、カリキュラム作成・指導が魅力技術と人間力の2つを高める指導でデビューまで、徹底サポート。プロダクションとの連携も強み。
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧